肝斑などの色素沈着を改善するメドライトC6

アンチエイジングの結果が出る!本当に使えるクリニックランキング

肝斑などの色素沈着を改善するメドライトC6

肝斑治療のメドライトC6

みなさんは肝斑(かんぱん)という症状をご存知でしょうか。

肝斑は、30~40歳代の女性に発症する薄茶色のシミをいいます(→目の下の頬・眉の上(額)・鼻の下・口の周り)。

そして実際に、多くの女性が肝斑の症状に悩まされているのです。

しかし、肝斑など皮膚の色素沈着を改善するレーザー治療があるのです。

それを「メドライトC6」といいます。

ということでこの項では、レーザー治療のメドライトC6について触れてみよう思います。

※ちなみに肝斑という名前が付いていますが、肝臓の病気とはまったく関係ありません。

メドライトC6の特徴

メドライトC6は最新のレーザー治療で肝斑治療の他に、肌のシミやニキビ跡の改善にも効果がある治療法です。

そしてメドライトC6の大きな特徴として、従来のYAGレーザーで治療しきれなかった部分に対して効果が期待できることです。

では実際にメドライトC6によって、どのように肝斑などを治療することができるのでしょうか。

メドライトC6にはレーザートーニングという特有の照射モードがあり、このレーザートーニングを照射することによって、メラノサイトを活性化させることなく色素沈着した部分(肝斑)を治療できるようになったのです。

またメドライトC6は波長の違う2種類のレーザーを使って治療することができるため、皮膚の表面治療だけでなく深層深部まで治療することができます。

このように、メドライトC6はムラのないキレイな色素沈着の改善に特化したレーザー治療なのです。

女性に有難いメドライトC6

従来の肝斑治療は炎症(副作用)を起こしやすい傾向にありましたが、メドライトC6はそれほど出力が高くないレーザー治療なので、肌に副作用などの炎症が起こりません。

そういう意味からすれば、メドライトC6は女性にとって非常に有難い治療法だと思います。

「肌に色素沈着が起こっている/肝斑ができてしまっている/毛穴が大きく開いてしまっている/顔全体のくすみが気になっている」なら、是非ともメドライトC6を実践してみてはいかがでしょう。

それと最後に、メドライトC6の手順を説明致します。

・最初に洗顔クレンジングを行います。
・そして肌の表面をなでるように、レーザー照射します(麻酔の必要はありません/約5分程度で終了)。
・アフターケアとして(クーリング後)、ビタミンCやビタミンAをイオン導入して更なる相乗効果を発揮します。
・ダウンタイムはほとんどなく、すぐにメイクをして帰宅することができます。

アンチエイジングが得意なクリニックはここだ!最新ランキング

神戸中央クリニック

三宮・花時計前駅徒歩3分。開院以来医療事故ゼロを誇る安心のクリニックです。カウンセリングから手術まで一貫して医師が担当します。無理に高額の施術を進めてくることはなく、じっくり相談した上で、患者の要望にあった施術を勧めてくれると評判です。

公式サイトはこちら

ルネッサンス美容外科医院

JR三ノ宮駅、阪神三宮駅からそれぞれ徒歩3分の好アクセス。しわ取りでは「金の糸美容術」と「プラチナの糸美容術」と「エクストーシス」といった皮膚を切らない施術を提供しており、はじめての美容クリニック利用で不安があるという方に好評です。

公式サイトはこちら

湘南美容外科クリニック神戸院

JR三宮駅から徒歩5分の通いやすい立地。知名度は全国区で、CMを目にしたことのある人も多いでしょう。規模のとおり、治療実績が多く、熟練した医師が多く在籍しています。大手らしく接遇対応のレベルも高く、リラックスしてカウンセリングや施術を受けられると評判です。

公式サイトはこちら