恐い!肌の老化も引き起こすブルーライト| 神戸で若返り・アンチエイジングが評判のクリニック比較ランキング | しわ・たるみ取り.com

アンチエイジングの結果が出る!本当に使えるクリニックランキング

恐い!肌の老化も引き起こすブルーライト

パソコンやスマートフォンの利用が当たり前になっているこの時代、ブルーライトという言葉はほとんどの人が知っているでしょう。

しかし、それが我々の体にどんな悪影響を及ぼすかまで知っている人はごくわずかかもしれません。

ブルーライトは、実は視力等の目に関する事だけでなく、お肌や体調にまで影響を及ぼす可能性のある注意すべきものです。自分の知らないうちにお肌がボロボロになってしまわないよう、ブルーライトの持つ影響や対策について紹介していきます。

まず、ブルーライトとはヒトが目に見える光(可視光線)のうち目の網膜にまで到達する青色光の事をいい、紫外線に最も近い強いエネルギーを持っていると言われています。

現代ではパソコンや液晶テレビ、スマートフォンなどのデジタルデバイス機器をはじめ、省エネ化の為に多く使用されるようになったLEDなどから多く発せられています。
その為、20年前と比べて現代の人々は日常的にブルーライトにさらされていると言えます。

ブルーライトが持つ影響としてよく知られているのは眼精疲労などですが、最近では眼球以外の部分にも悪影響を及ぼす事がある為、注意が必要だといわれています。
例えば、ブルーライトは肌への浸透性が高いといわれており、約一時間浴びると色素沈着を起こし、シミの原因になるとの研究結果も出ているほどです。

また、ブルーライトは睡眠と関わりの深い物質であるメラトニンの分泌を妨げ睡眠の質を低下させ、自律神経や代謝の乱れを引き起こす原因にもなります。

代謝が乱れることで肌のターンオーバーも乱れ、結果お肌の老化を引き起こすのです。
実際に私も大学生の時に毎晩レポート作成に追われ、一日数時間パソコン作業をしていた時期には、顔や唇がカサカサになり、顔色も常にくすんだ状態が続いていました。

このことから、必要以上にブルーライトを浴びることは決しておススメ出来る事ではないと断言できます。

ブルーライト必ず悪影響があるものではありませんが、美肌を保つ為には、日常的に浴びるブルーライトの量を必要最低限にするよう意識していかなければなりません。

例えば、眠る前はパソコン等の使用を避ける、PC眼鏡を着けて作業する、パソコンの液晶にブルーライト保護フィルムを貼る等が挙げられます。
また、最近ではブルーライトもカットできる日焼け止め等も販売されているので、他の対策と併用で使えば更に効果的かもしれません。

アンチエイジングが得意なクリニックはここだ!最新ランキング

神戸中央クリニック

三宮・花時計前駅徒歩3分。開院以来医療事故ゼロを誇る安心のクリニックです。カウンセリングから手術まで一貫して医師が担当します。無理に高額の施術を進めてくることはなく、じっくり相談した上で、患者の要望にあった施術を勧めてくれると評判です。

公式サイトはこちら

ルネッサンス美容外科医院

JR三ノ宮駅、阪神三宮駅からそれぞれ徒歩3分の好アクセス。しわ取りでは「金の糸美容術」と「プラチナの糸美容術」と「エクストーシス」といった皮膚を切らない施術を提供しており、はじめての美容クリニック利用で不安があるという方に好評です。

公式サイトはこちら

湘南美容外科クリニック神戸院

JR三宮駅から徒歩5分の通いやすい立地。知名度は全国区で、CMを目にしたことのある人も多いでしょう。規模のとおり、治療実績が多く、熟練した医師が多く在籍しています。大手らしく接遇対応のレベルも高く、リラックスしてカウンセリングや施術を受けられると評判です。

公式サイトはこちら