8種類からなるビタミンB群って一体何?| 神戸で若返り・アンチエイジングが評判のクリニック比較ランキング | しわ・たるみ取り.com

アンチエイジングの結果が出る!本当に使えるクリニックランキング

8種類からなるビタミンB群って一体何?

ビタミンBは他のビタミンと違い、幾つかの種類に分かれているため、それらを総称し、ビタミンB群やビタミンB複合体と呼んだりします。

そのビタミンBに含まれるものには、大きく分けてビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種類があり、これらに共通する特徴として、水に溶けやすい、いわゆる水溶性ビタミンであること、そして、代謝ビタミンや補酵素と呼ばれ、炭水化物やタンパク質等を、身体に必要なエネルギーに変える働きをすることが挙げられます。

次に、その8種類のビタミンBの特徴について見ていきたいと思います。

ビタミンB1はチアミンとも呼ばれ、脳や神経の働きを正常に保つために必要なビタミンで、不足すると、脚気、肩こりや身体の疲労、記憶力や集中力の低下を引き起こします。

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれ、皮膚や粘膜の機能維持や代謝に関わるビタミンで、美容には欠かせないビタミンとなっています。

ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれる人間の体内に最も多く存在するビタミンで、脂質や糖質の分解を行い、エネルギーを作り出します。

パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれる様々な食品に含まれているのが特徴のビタミンで、皮膚や毛根に栄養を与えたり、動脈硬化の予防にも最適です。

ビタミンB6は動物性食品に多く含まれるビタミンで、タンパク質の分解や合成、造血を助けます。

ビタミンB12はシアノコバラミンとも呼ばれ、ビタミンB6と同じく、タンパク質の合成や、造血を助ける効果があります。

葉酸はビタミンB9とも呼ばれ、細胞の生まれ変わりや、赤血球を作り出す手伝いをするビタミンであるため、特に胎児や乳幼児には欠かせません。

ビオチンはビタミンB7とも呼ばれ、皮膚の健康を保つ、白髪や薄毛を予防するといったような効果があります。

以上の内容から、ビタミンBは身体にとって重要な働きをする栄養素であり、沢山摂取するのが重要であることが分かると思います。
しかし、先程も書いた通り、ビタミンBは水溶性ビタミンであるため、水洗いや加熱調理には非常に弱いです。
ビタミンBを食品から効率よく摂取しようと思うなら、生食、もしくは、蒸したり炒めたりといった調理方法が最適です。

アンチエイジングが得意なクリニックはここだ!最新ランキング

神戸中央クリニック

三宮・花時計前駅徒歩3分。開院以来医療事故ゼロを誇る安心のクリニックです。カウンセリングから手術まで一貫して医師が担当します。無理に高額の施術を進めてくることはなく、じっくり相談した上で、患者の要望にあった施術を勧めてくれると評判です。

公式サイトはこちら

ルネッサンス美容外科医院

JR三ノ宮駅、阪神三宮駅からそれぞれ徒歩3分の好アクセス。しわ取りでは「金の糸美容術」と「プラチナの糸美容術」と「エクストーシス」といった皮膚を切らない施術を提供しており、はじめての美容クリニック利用で不安があるという方に好評です。

公式サイトはこちら

湘南美容外科クリニック神戸院

JR三宮駅から徒歩5分の通いやすい立地。知名度は全国区で、CMを目にしたことのある人も多いでしょう。規模のとおり、治療実績が多く、熟練した医師が多く在籍しています。大手らしく接遇対応のレベルも高く、リラックスしてカウンセリングや施術を受けられると評判です。

公式サイトはこちら