目の下の不必要なたるみは「下まぶたの脂肪取り」でスッキリ

アンチエイジングの結果が出る!本当に使えるクリニックランキング

目の下の不必要なたるみは「下まぶたの脂肪取り」でスッキリ

おそらく年齢を重ねるごとに気になり始める部位のひとつが「下まぶた」ではないでしょうか。適度な涙袋は魅力的に見えるものの、加齢と共に必要以上に垂れてしまった下まぶたは厄介なものです。そこで注目されているのが「下まぶたの脂肪取り」施術です。

下まぶたの脂肪取りの特徴をご紹介

プチ整形という呼び名のアンチエイジング施術が色々ある中で、メスを使わないタイプの施術が「下まぶたの脂肪取り」施術です。まぶたの裏側から下まぶたのたるみの原因になっている脂肪を取り除く方法です。

下まぶたの脂肪の塊は横に三つ並んでいる状態だと言います。脂肪のふくらみは人それぞれ違いがあるので、施術前にどの脂肪をどのぐらい切除したらいいのか専門医が判断します。下まぶたの粘膜部分をCO2レーザーで切開して、同じくCO2レーザーで余分な脂肪を取り出します。縫合はしません。粘膜は治癒力によって傷がすぐにくっつくためです。

どんな人に向いている施術なのか

下まぶたが必要以上に膨らんでいることで実年齢より老けてみられる方や、目の下がクマのように黒く見えて困っている方、出来ればメスを使った施術を回避したいという方などに人気のある施術です。

施術時間や施術後の注意事項など

施術時間はおよそ30分前後です。点眼麻酔、クリーム麻酔、局部麻酔を使って施術が行われます。施術してから2時間ぐらい経つと麻酔が切れますが、痛みはほんのわずかに感じる程度です。念のために痛み止めの薬が処方されます。

メスを使ったわけではないものの脂肪を切除しているので、若干の腫れがでることがあります。冷たく冷やしたタオルなどでアイシングすると腫れが早めに引いてくれます。施術当日はシャワーもシャンプーもメイクもOKです。

ただしコンタクトレンズは傷がしっかりくっつくまで禁止です。1週間ぐらい経てば傷が治るので、その間はメガネなどで視力を矯正しましょう。もちろんカラコンも厳禁です。

アンチエイジングが得意なクリニックはここだ!最新ランキング

神戸中央クリニック

三宮・花時計前駅徒歩3分。開院以来医療事故ゼロを誇る安心のクリニックです。カウンセリングから手術まで一貫して医師が担当します。無理に高額の施術を進めてくることはなく、じっくり相談した上で、患者の要望にあった施術を勧めてくれると評判です。

公式サイトはこちら

ルネッサンス美容外科医院

JR三ノ宮駅、阪神三宮駅からそれぞれ徒歩3分の好アクセス。しわ取りでは「金の糸美容術」と「プラチナの糸美容術」と「エクストーシス」といった皮膚を切らない施術を提供しており、はじめての美容クリニック利用で不安があるという方に好評です。

公式サイトはこちら

湘南美容外科クリニック神戸院

JR三宮駅から徒歩5分の通いやすい立地。知名度は全国区で、CMを目にしたことのある人も多いでしょう。規模のとおり、治療実績が多く、熟練した医師が多く在籍しています。大手らしく接遇対応のレベルも高く、リラックスしてカウンセリングや施術を受けられると評判です。

公式サイトはこちら